ベルリンでおいしいサイフォンコーヒーが飲める

| コメント(8) | トラックバック(0)

tage20120125-1.jpg

抽出方法が幻想的な雰囲気

 ベルリンのコーヒーシーンも、この数年で本当にバリエーションが広がってきた。

 以前にも書いたけど、それまではエスプレッソ系しかなかったのが、この2〜3年でハンドドリップやフレンチプレス、エアロプレスなど、いろいろな抽出方法によるコーヒーを提供する店が増えてきた。日本式のアイスコーヒーも登場した(それまでドイツではコーヒーフロートしかなかった)。

 今度はサイフォンコーヒーを飲めるコーヒーショップが登場した。
 店の名はCHAPTER ONE COFFEE BERLIN。場所はクロイツベルク。シェーネベルクの人気コーヒーショップ「ダブルアイ」にいた二人が独立してオープンした店。

tage20120125-2.jpg

お店もカッコいい

 サイフォンコーヒーは、元々ヨーロッパで発明された方式のようだけど、ドイツではほとんど見かけない。ベルリンでも私が見た限りでは、あと1軒ぐらいしかない。きれいなフラスコで淹れるから、ショー的な効果もあると思う。
 サイフォンのほか、ハンドドリップによるペーパーフィルターコーヒーもある。もちろんエスプレッソ系も。

 私はエスプレッソよりも、いわゆる「コーヒー」が好きなので、サイフォンを頼んでみた。豆はその時あった3種類の中から好きなものを選べた。

 でも見ていると、お客さんが注文するのはエスプレッソ系ばかり。ちょっと残念。
 これまで取材した多くのコーヒーショップが言うには、いわゆる「コーヒー」は、家庭のコーヒーメーカーで淹れたものを思い浮かべる人が多くてイメージがよくないんだとか。
 元々ドイツではコーヒーメーカーでコーヒーが飲まれていたところに、イタリアからエスプレッソが入ってきたから、みんなそっちのほうが上等、おしゃれ、みたいに思っているフシがある。

 もう何回も書いてきたけど、エスプレッソといわゆる「コーヒー」は違う飲み物だと思っている。私は気分によって選んでいる。どちらが上だとか、おいしいとかいうものではない。

 ちゃんとしたコーヒーショップで、いい豆できちんと淹れられたコーヒーはおいしい。どちらかというとエスプレッソよりも、「コーヒー」の方が好きな私は、もっとコーヒーのイメージが向上してほしいのだけど。

CHAPTER ONE COFFEE BERLIN
http://www.chapter-one-coffee.com/

コメント(8)

サイフォンに掛かる時間の流れもいいですね!
ポコポコ シュワーと上にあがり、クルクル 
火を止めて、ジュワーと落ちてくる 時間。。。
その時間をも楽しむコーヒー。

近々、僕も日本を離脱しバルセロナへ向かいます。。。
お時間が許すときに、
iPhone のこちょこちょ、ご伝授ください。

Hal_0319さん、こんにちは。
そうそう、淹れる時間もまた贅沢なんですよね!
サイフォンだと見た目もきれいですし。何でもっとみんな注文しないかなーと思います。

iPhoneこちょこちょ、実はまだ達成してないんです。
というか、ちゃんと試せていないんです。
成功した際はお知らせしますよ!

こんにちは。

素敵なお店ですね〜
日本にもこういうお店があるといいのに〜

ドイツはコーヒーの消費が多いと聞いたことがあるようなないような。
昨年ドイツに行った際の土産に、コーヒーを買って帰りました。
結構美味しいと喜ばれました。


北村さん、こんにちは。
このお店、カフェというよりもコーヒーショップ
(明確な定義はないですが、コーヒーショップはカウンター中心で、
さっと飲んで出るお店)なので、長居するような店ではないですけどカッコいいです。
ベルリーナーは、インテリアのセンスがいい人が本当に多い!
このお店も、壁を床タイルの色に合わせてグレーにしているから、
おしゃれ感があるんだと思います。
見えにくいかもしれませんが、ランプシェードも白。

「シックな色壁+白い家具&小物=家具が引き立ち、おしゃれな印象!」

拙著『ウォールカラー・インテリアレッスン』に書いた通りですよね!
(すみません、宣伝くさくなっちゃった…)

北村さん、
さっきのコメントで書き忘れてしまいましたが、ドイツでの
コーヒー消費量は多いです。
このサイトがわかりやすいかも。
http://www.agf.co.jp/enjoy/cyclopedia/zatugaku/circumstances.html

ちなみに、チョコレート消費量も多いです(^_^;

ドイツのコーヒー、私はおいしいと思います。
普通にスーパーで売っている「メリタ」とか「ダルマイヤー」は、
十分おいしいと思いますよ。お土産にされたのはナイスでしたね!

こんにちは。

テーブルの直線と均等に並んだライト、すっきりとして無駄がない空間は、ドイツ好きの私にはたまらないですね〜

ところで、ドイツではこういうお店では音楽がかかっているものなんですか?
日本では、どこにいっても音が溢れていますけど。

北村さん、
カフェやコーヒーショップでは、最近こういうミニマルながら
天然素材で温かみを出したインテリアが流行りですね。

音楽は最近は多様化している気がします。
オーナーが好きなものをかけていたりとか。
コーヒーショップなら、かかっていないお店もありますね。
2002〜2003年頃はどこもテクノという印象でしたが、
最近はめっきり聞かなくなりました。

こんにちは。

なるほど〜
ありがとうございます。

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubomaga.com/mt5/mt-tb.cgi/648

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド