椅子と出逢っちゃったんだよね

| コメント(4) | トラックバック(0)

tage20120915.jpg

どっちも気に入ったから2脚買ってしまった


 いや〜、人も物も出逢いっていうのがあるんだよねえ。蚤の市でね、出逢っちゃったんだよねえ、かわいい一人掛けのソファに。

 これは私が大好きなデザインで、50年代ドイツによく見られた形。ベルリンの蚤の市でもわりとよく見かけるデザインなんだけど、これはなんと言っても色がよかったんだよね〜。
 しかもめちゃくちゃ安かった。日本で1〜2回飲みに行ったら消えてしまうような金額で2脚買える。だから決めた。

 ただ、わりと汚れているので、きれいにしないと。衣服につく害虫とかが来るとやっかいだし。

 これでわが家のリビングは、椅子はもう十分そろった。もし今後新たな物との出逢いがあったとしたら、それを買う代わりに何かを手放すことにする。必要以上持っていてもしょうがないもの。

 さて、今度はこの椅子とソファ、テーブルの下に敷く敷物があるといいなあ。敷物が一枚あるだけで、くつろぎ感が生まれるんだよねえ。敷物は大事だと思うな。

 ってことで、DIYじゃないけどこれもわが家の部屋作りの一環なので「新居インテリアシリーズ」に入れておこう。
 実はDIY作業もちょっとやったのだけど、それは別の場でご紹介することになったので、そのときはお知らせします。

コメント(4)

ぎゃ!またもや!かわいいじゃーん。好きな布を張りかれてもいいね。
その足がいいねえ。

めぐちゃん、
かわいいでしょー。
同じ形の一人掛けソファは既に1脚持ってるのに、
この色に惹かれちゃったんだよね。
椅子の張り地は現状ではちょっと傷みがあるんだけど、
この色が好きだからしばらくはこのまま使って
すり切れたら張り替えようかな。
このすらっとした脚が50年代っぽいよね。

私もベルリン在住です。
こちらのサイトのネットショップで売られている、ヘーテ・ボルハーゲンのアンチークの陶器類は、ベルリンでも販売されていますか?
特に、黒地系のが好きで、いろいろと集めているので、興味があります。
それでは、よろしく。

菅井さま
こんにちは。初めまして。
ネットショップ・アムゼルをご覧いただき、ありがとうございます。
ボルハーゲンの器は、時代を超えたモダンさがあって素敵ですね。

アムゼルで扱っているボルハーゲンの器は、品物が既に日本にございまして、
もしベルリンのお住まいにお送りすることになると、
送料がかなりかかってしまうと思います。
もし、アンティークではなく、ボルハーゲンの新品でよろしければ、
ベルリン郊外のMarwitzに工房直売所がございます。
そちらで黒地のデザインがいくつかありますので、
その中からお求めいただけると思います。
詳細はこちらのサイトをご覧ください。
http://hedwig-bollhagen.com/kontakt/hb-werksverkauf

工房の住所は以下の通りです。
HB-Werkstätten für Keramik GmbH
Hedwig-Bollhagen-Straße 4
16727 Oberkrämer/Marwitz

アムゼルで扱っているボルハーゲンのお品をご希望でしたら、
info@kubomaga.comまでメールをお送りくださいませ。
送料等を確認し、お返事を差し上げます。

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubomaga.com/mt5/mt-tb.cgi/708

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド