ベルリンにいたいから、健康第一

| コメント(0) | トラックバック(0)

tage20140131.jpg

もちろん青空は気持ちいいけど、冬の空も(たまになら)いい

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 もう10年以上いるせいか、「いつまで(ベルリンに)いるの?」という質問は、最近ではあまり受けなくなったけど、自分の中では漠然と考えて続けていて、答えが出ない問題。
 ベルリンに永住するとは思ってないけど、かといって日本に帰国したいわけでもない。本帰国するとしたら、家族か自分が病気になったらかな、と何となく思っていた。

 ある日、「もしかしたら本帰国も考えなきゃダメかも?」と思うことがあった。一時帰国時に受けた健康診断に、引っかかってね。

 まぁ歳も取ってきているので、いろいろ体にガタが出てくる。再検査になるのも、それほど珍しくはないのかもしれない。
 でも私は心配性なもんで、すぐにいろいろ考えてしまう。手術・入院することになったら、やっぱり日本がいいんだろうなあとか、こっちの家は引き払わなきゃダメだろうとか、あと何年生きられるんだろうか、とかね。

 もしかしたら本帰国しなきゃいけないかもな、と思ったときに「ベルリンに残って治療できないか」という考えが浮かんできた。自分でもちょっと意外だった。そこまでして、私はここにいたいのか。

 でも、やっぱり私はこの街が好きなんだよね。
 朝起きて、窓の外を眺めたときの木々や空、散歩していて目に入る古いレンガ造りの建物、のんびりしたテンポ、ストレートだけど優しい人たち。
 そういうのが好きなんだ。

 うーん、もうちょっと住んでいたいなあ、ベルリンに。

 ......と思っていたら、どうやら願いは叶いそう。ドイツでやった再検査が、どうやら問題なさそうで。実は全然何でもなかったらしい。

 自分も家族も健康で、好きな街で暮らせるのがありがたい。何事も健康第一ね。
 そんなわけで、ベルリン生活は続きます。
 

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubomaga.com/mt5/mt-tb.cgi/806

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド