2014年11月アーカイブ

tage20141120.jpg

記事中に出てくる築100年程度のアパートは、こんな外観です

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)

 クリエイティブ情報サイトCINRAの連載「ドイツのしごと事情から見つめ直す、あなたの働き方」の第4回が掲載になりました! 

http://www.cinra.net/job/column/27512

 今回は「新築よりも築100年の方が価値がある? 建築的視点から見た、ドイツと日本の違い」と題して、ベルリンの設計事務所に勤務している日本人建築家に取材しました。

 建築っていうと、もしかして難しく聞こえるかもしれないですね。でもね、今回のテーマ、働く人みんなに読んでほしいんですよ。だって、「長時間労働なのに、収入は見合わず、仕事量だけ増えて......そんな状況はどこから生まれるの?」っていうお話なんですから。ね、気になりませんか? 

 誰だって、収入が伴わない長時間労働なんてしたくないと思います。でも現実は、実際と違う。それは私も同じです。

 そのような状況から脱出するためのヒントを、ドイツの建築業界から教えていただいたのが今回の記事です。そのお話には、どの業界にも通用する普遍性があると思います。

 私も自分の仕事について考えさせられました。働き方はこれからも、自分にとって切実なテーマです。

berlin_cover&obi.jpg

もうすぐ発売!

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 いよいよここまで来ましたよ! 新刊『歩いてまわる小さなベルリン』(大和書房)が今月22日頃に発売になります。現在アマゾンを始め、書店にてご予約受付中です。確実にお手元に届くよう、ご予約くださいませ!
*アマゾンのページ→http://www.amazon.co.jp/dp/4479783067

 カバー写真も公開になりました。カバーにどの写真を使うかは、とっても重要で、悩みどころです。書店でぱっと見た時に手に取ってもらえるかどうかは、カバーにかかっていますからね(でもそのためには店頭でカバーが見える形で陳列してもらう必要があり、これもまた高いハードルなのです)。
 どんなカバーデザインにするかは、編集者さん、出版社の営業部の方々、デザイナーさん、著者が意見を出し合いながら作り上げていくのですが、今回は(私の経験上では)スッと決まりました。

 カバー写真に選ばれたのは、クロイツベルクというエリアにあるカフェです。どんなところかは、本書が発売になったら読んでくださいね。

 取材・撮影を通じて、いろいろなお店でお買い物もしちゃいましたよ。

tage20141115.jpg

取材したからこそ、出会えた品

 例えば、このボード。ドイツのブンツラウ地方の伝統的な陶器なんですが、このブンツラウ陶器専門店を撮影したんですね。私はどちらかというと磁器ファンなんですが、このボードの素朴なかわいさにやられて買っちゃいました。
 チーズとかのオードブルを盛り合わせてもサマになるし、青リンゴを乗せたらぴったりでしょ? この本で取材することがなければ、わが家にこのボードがやって来ることはなかったですよね。これもご縁かな。

 ほかにもちょこちょこ買ってしまいました。取材便乗ショッピング、思い出になるから悪くないですよね、ね(と、言い聞かせる......)。

ベルリンcaféトーク&ベルリンマルクト 大使館マークあり SOLD OUT.png

ありがとうございます!


(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 前回ご紹介した11月30日(日)開催の「ベルリンcaféトーク&マルクト」イベントですが、1部のトークチケットは、お陰さまで売り切れとなりました。現在キャンセル待ちを受付中です。本当にありがとうございます。
 チケットはなんと、発売数日で売り切れとなったそうで、私も含め関係者一同びっくりしています。一体どうしたんでしょう、急にベルリンが大人気になったんでしょうか。いずれにせよ、ありがたいことです。

 トークイベントにご参加いただける方、「ベルリンのこんな話が聞きたい!」といったリクエストがありましたら、info@kubomaga.com宛てにお寄せくださいませ。

 2部のベルリンマルクトは入場無料なので、どなた様も当日お気軽にぶらっとお立ち寄りください。商品冷やかし&お話をしに来ていただくだけでも大歓迎です。

 マルクトで販売する商品情報などは、また改めてクボマガでご紹介しようと思っています。どうぞお越しくださいね〜。

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド