2014年5月アーカイブ

tage20140509.jpg

この不思議なものは何?と思われたら、インタビュー記事をご覧ください

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 前回のクボマガでお知らせした通り、5月3日(土)のハフィントンポスト紙に、ベルリンを拠点に活躍している映像・音楽アーティスト・usaginingen(ウサギニンゲン)インタビュー記事「お金より時間、ゆとりの価値観が変わった」 が掲載されました。

 お陰さまで、大勢のみなさまに読んでいただき、そしてFacebookやTwitterなどで記事をシェアしていただき、本当にありがとうございます。

 私はこの記事を、1人でも多くの方に読んでほしいと念じながら、書いていました。

 usaginingenのお二人の価値観(詳しくは記事を読んでくださいね)は私とほぼ同じで、インタビュー中は「わかる〜!」の連発でした。「こういう考え方を日本に伝えたい!!」と、みんなで熱く語り合っていました。

 伝えたかったのは、「ベルリンってすげーだろ?」というものではなくて、「日々を自分なりに考えながら、やりたいことをして精一杯生きることが、楽しくて、しあわせ」ということです。usaginingenのお二人も私も、ベルリンでそういう気持ちになったのです。

 お二人と私の境遇は、ちょっと似ているかもしれません。東京で忙しく働いていて、ベルリンへ来たことで新たな価値観が生まれました。そうしたら、お金は少なくても毎日が充実していて、楽しいんです(でもお金は大切です。これは強調しておきたい)。

 もちろんベルリンは、東京に比べて物価が安いし、タダでくつろげる広大な公園もあちこちにあります。生活環境がいいから、お金よりも時間が大切、という価値観が持てたのだと思います。

 でも東京にいても、こういう考え方に触れることで気持ちがラクになったり、考えが変わるかもしれないと思うんですよ。そんなきっかけになればいいと思って、いつも原稿を書いています。

 もし短期間でも海外に来られる人は、一度ぜひ日本の外へ出てほしいと思います。
 世界は広くて、いろんな人がいる。それを知るだけで、きっと人生が大きく変わるんじゃないでしょうか。

tage20140502.jpg

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)

 このクボマガでふと「しあわせ人生・しあわせ自分軸」という言葉を使い始めてから、これが自分の行動の指針になるようになってきた。
 つまり、人生を生き抜こう、自分がしあわせと思えるように暮らそう、そうできるように努力しよう。そんな感じ。

 思い起こせば、日常的に感謝の気持ちを持てるようになったのは、フリーとして活動し始めた頃からかな。
 出版社で働いていたときは仕事は次々降ってきたから、しんどいと思うことが多かった。
 でもフリーになったら、自分から仕事を取っていかないと生きていけない。仕事をもらえるのが、心からありがたいと思えるようになった。

 そして大きな転換となったのが、ベルリンに来たこと。ゆったりとした時間の流れが、気持ちよかった。そして、ここに住み続けたいと試行錯誤するうちに、ライターとしてなんとかやっていけるようになった。
 多くの人に助けてもらいながら、このゆったりとした環境にいられて、ありがたいな、しあわせだなと感じる。

 そしていつからか、自分のやることは、いろいろな人の考え方・暮らし方を伝えることだと思うようになった。ほかの世界を知ることで、読んだ人の気持ちがラクになったり、希望が持てたりしたらいいなと。

 私が最初にベルリンのインテリアやカフェについて書き始めた頃は、まだそういう意識はなかったんだけど、最近は伝えたいと念じながら書いている。

 そして、さらに一歩進んで、「しあわせ人生」的な内容を書ける機会もいただけるようになった。

 明日(もう今日になっちゃったか)、ハフィントンポスト・ライフスタイル面に、ベルリンを拠点に活動している映像・音楽アーティストusaginingen(ウサギニンゲン)のインタビューが掲載される予定です。この記事を書きました。

 usaginingenのおふたりがベルリンに来て、どう価値観が変わっていき、今はどう生きているのか。インタビューをしながら、「わかる、すごくわかる〜」と、何度も思いました。

 このインタビュー記事は、私にとってはまさに「しあわせ人生」がテーマです。
 どうか、多くの方に読んでいただきたいです。

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド