tage20160618-1.jpg

おとぎの世界、南ドイツのゲンゲンバッハ

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 つい先日、南西ドイツバーデン地方のゲンゲンバッハと、東フランスアルザス地方のストラスブールを、女友だち4人で旅行してきたんですよ。
 旅の目的は、ワイン。おいしいワインを飲みたかったんです。

 事の起こりは、とあるパーティーの席上。そこにいた日本人女性のひとりが「私、ふたご座で」と言ったのが、始まりだったと思うんです(記憶がおぼろ)。

 そしたら、その周りにいた人たちが一斉に「えっ、あたしも」「あたしも」と言いだして。「あたしも」がたちまち5人ぐらい集まって、しかもそれぞれの境遇がなんか似ており、興奮のるつぼに。

「いやもうこれ、一緒に旅行行くしかないっしょ」という流れになぜかなり、酒の席での戯言と思いきや、このたび見事に実現したわけです。

 なので、もちろん私もふたご座です。

 そんなふたご座女性たち、星座の特徴なのか知りませんが、全員が酒好き。旅行に行くなら酒じゃない? もともとワイン旅がしたいと思ってたからそうしない? と、これまたふたご座同士のスムーズな意志疎通で、ワイン旅というテーマに決定。

 でもドイツでワインなら、ラインガウとかじゃないの? と思われた方。
 正解です。それなのにバーデン地方のゲンゲンバッハを推したのは、私がバーデン地方のワインが好きなのと、ゲンゲンバッハの街がかわいいからです。「おとぎの世界」なんですよ、本当に。
 この街のかわいさは、私の『かわいいドイツに、会いに行く』でご紹介しているので、ご存じの方もいらっしゃると思います。

 行き先がゲンゲンバッハに決まったところで、「フランスのストラスブールが近いから、そっちも行こう」ということに。

 女4人集まれば、各々の得意分野に従って何となく役割分担が決まってくるもんです。
 段取りが得意な者はパパパ〜ッと列車を予約し、ドイツ語が堪能で交渉上手な者は、ホテルオーナーからワイン試飲のご招待を受けて。
 そんなこんなで、バーデン地方ゲンゲンバッハ〜アルザス地方ストラスブールの旅と相成ったのでした。

 私はこれまで何回もゲンゲンバッハを訪れていますが、女友だちと来たのはこれが初めて。いや〜、なんか新鮮ですね。自分が知っている場所を、ほかの人の視点を通して見直す作業なわけですよ。

 ゲンゲンバッハは小さいので、観光は1〜2時間あれば十分。小雨が降ったり止んだりの、気まぐれな天気だったけれど、かわいいスポットはちゃんと押さえましたよ。ではクボタマガジン上で、旧市街散策をお楽しみください。

tage20160818-4.jpg

ゲンゲンバッハの旧市街には3つの塔があります。この塔はキンツィヒ塔

tage20160618-2.jpg

Engelgasse(エンゲルガッセ)という美しい小径には、ぜひ行ってほしい

tage20160618-3.jpg

民家の壁にブドウが

tage20160618-6.jpg

とにかく民家がかわいい

tage20160618-5.jpg

コウノトリが営巣しています


 そして夜は、ジャーン! この旅のハイライト、ホテルレストランでのワイン試飲会!

 今回宿泊したのは、Pfeffer & Salz(プフェファー・ウント・ザルツ=コショウと塩)という家族経営の素敵なホテル&レストランで、ブドウ畑を所有してワイン醸造も行っているところです。

tage20160618-7.jpg

小高い丘にある、山小屋風のかわいいホテル&レストランPfeffer & Salz

tage20160618-8.jpg

ゲンゲンバッハは黒い森で有名なバーデン地方の街。周囲は山

tage20160618-9.jpg

お部屋は快適で清潔。ネットも無料です

 ここのワイナリーは2012年創業とまだ新しいのですが、それにも関わらずドイツ有名ワインガイドのEichelmann(アイヒェルマン)Gault & Millau (ゴー・ミヨ) で、それぞれ高評価を得ているんです。
 つまり、今回の旅にこれ以上ないくらいの、最高のロケーションなわけですよ。

 レストランのテーブルに着くと、オーナーさんが1本目のワインを持ってきてくれました。
 Secco Sというスパークリングワイン。きめ細やかな泡の辛口で、食前にぴったり。おいしいので、最初っから飛ばし気味で飲んでしまいます。


tage20160618-10.jpg

素敵なレストランでしょ

tage20160618-12.jpg

席には扇形のナプキンクロスがセットしてありました

tage20160618-11.jpg

オーナーさんにご挨拶


 お次は、ドイツの白として世界に名を馳せるリースリング Riesling 2014 trocken。しかしラインガウ地方のリースリングとは味が違います。オーナーさんは「ミネラル感があると思いますよ」と言っていたかな(すでに若干酔っ払って、記憶がおぼろ)。いつも飲んでいるリースリングと違うということだけは、私にもわかりましたよ。

 そして、バーデン地方の白といえば、グラウブルグンダー Grauer Burgunder 2015 trocken。リースリングよりも柔らかい感じ(でも私はワインはわからないので、聞き流して)。料理にも合わせやすいようです。私はひたすらおいしい、おいしいと言って飲みまくり。

 この辺りで、頼んでいた前菜が。メロンに名物・黒い森の生ハム。おいしい〜。しかも盛りつけがなんてきれいなんでしょう。

tage20160618-13.jpg

多種類を試飲するので1つの種類は0.1〜0.2リットルぐらい。もちろん全部飲んでます

tage20160618-14.jpg

前菜はメロンと生ハム

tage20160618-15.jpg

オーナーさん自らが一つひとつのワインを説明してくださいました


 ここでシュペートブルグンダーのロゼ Spätburgunder Rosé。これもおいしかった! また飲みたいです。

 いよいよメイン料理の登場。全員肉料理をチョイスし、私が頼んだのは牛タンです。コクのあるソースがおいしいです。

tage20160618-16.jpg

これは赤ワインにぴったり。サラダも付いています


 となれば、ワインはシュペートブルグンダー Spätburgunder Réserve 2013 trocken。2013年のもので、ブラックベリーの香り(←これはワインの説明そのまま。私には言葉で説明できる知識がありません。さらに酔っ払って記憶がおぼろ)。

 すっかり満足しているところに、なんと最後に「デザートワインはいかがですか」と出してくれたのが、甘口リースリング Riesling 2015 Feinfruchtig。甘口ですがとてもさわやかで、最後にいただくのにぴったりでした。
 このワイン以外は、すべて辛口。ドイツのワインは辛口が主流なんですよ。この点、ぜひ知っていただきたいです。

 こんなにおいしいワインを何種類もいただくことなんて、もう二度とないかも。Pfeffer & Salzのオーナーさん、素晴らしいワインと料理をありがとうございました!

 Pfeffer & Salzに宿泊したのは、ゲンゲンバッハ観光局が「宿泊してワインと食事もするのならここがいちばん」とすすめてくれたからなのですが、本当にその通りでした。
 お料理もとても上品でおいしかったし、自らのワイナリーのワインも飲めるし、オーナーさんもスタッフの皆さんもとっても親切。
 ゲンゲンバッハでワインを楽しむなら、ぜひここに泊まることをおすすめします(これ別にタイアップ広告とかじゃないですよ。本当にそう思ったからブログに書いているんです)。

 ここのワインはネットで注文でき、6本単位でドイツ国内発送もしてくれます(送料別途)。気になった方はぜひ下記の画面から注文してください(繰り返しますが私は営業マンじゃありません。飲みたい方がいらっしゃるでしょうからね)。
http://www.simonhuber-wein.de/?post_type=product

 当然私たちも注文しました。ちょっと特別な時にはおいしいワインがほしいし、自宅でワイン旅の思い出に浸れますしね。

 ふたご座たちの夜は、これじゃ終わりません。食後にさらにボトルを1本購入し、部屋に持ち帰ってそのままあれやこれやの深夜トークに突入。いやみんな、強者だな。

 そして翌朝。
 私だけ二日酔いでダウンしたのでした......。(続く)


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/


緑のリセット

| コメント(0) | トラックバック(0)

tage20160517.jpg

こういうところが街のあちこちにあるの

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 お元気でしたか。
 またしても久々の更新になってしまいました。
 これじゃ月刊どころか季刊ペースになってしまう。「書かなきゃ」って思ってるんですけどね、ずっと。

 ***

 気分的には昨年末からずっと走り続けてきて、ようやく5月あたりから少し落ち着いてきた感じ。

 数年前からか、1冊の本を書き終えたり、忙しさから抜け出たときに、ちょっと気分が落ちるなぁという自覚を持つようになった。
 仕事を通して、自分の力不足を痛感して、いつまでたっても何かに追いつかないような、そんな感じ。最近も、ちょっとそんな気分だった。
 落ちているくらいなら、さっさと努力すればいいんだけどね。

 終日机に向かっているのは体によくないから、せめて30分か1時間ぐらいは散歩をするようにしている。

tage20160517-2.jpg

アパートは、東ドイツ時代に建てられたプレハブアパート。これで午後8時ぐらい。


 この点で、ベルリンは本当にいい。だって、至るところに広大な公園が広がっているんだもの。

 20分ぐらい歩けば、たちまち緑の別世界。木々のざわめきや小鳥のさえずりを聞きながら、ただひたすらに歩いていると、心がほどけていく気がする。いつの間にか、新しいアイディアや文章が湧いてくる。

 体と脳は結びついているんだよね。片方しか使わないと、もう片方もさび付いてしまう。

「考え事をするなら森へ行け」と、ドイツ人からよく言われた。本当にその通りだと思う。ここには、それができる環境がある。

 できるだけ毎日、緑のリセットをしていこう。

 ***

 ブログはそこそこ内容のあることを書こうと思うあまり、なかなか更新できなくなっていますが、日々のつぶやきや仕事のお知らせは、以下のSNSでかなり頻繁に書いています。最近ようやくインスタグラムも始めました。よろしければご覧ください。

Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 すみません、ご無沙汰しております。
 2月はちょっと慌ただしくしていました。取材や出張が重なって、やるべきことに自分がついていけない感じ。毎日「あれもやれてない、これも済んでない」と焦っています(現在進行形)。

 さて! 3月13日開催三越カルチャーサロントークショーに続いて、3月26日には、日独協会主催イベント「ドドンとドイツ」に出演します
 トークショーあり、バンドライブありの盛りだくさんな内容。お客さんは飲みながら、食べながら、楽し〜くご観覧ください!

 私が出るのは第1部のトークショー。「カワいいドイツ?コワいいドイツ? 」と題して、あの『ニセドイツ』著者・伸井太一さんとドイツの「なに、これ?(・O・; 」的な風景を、写真とともにお話しします。
 一応私も『かわいいドイツに、会いに行く』という本を書いてますからね、かわいいのも紹介しますよ。 でも今回は、私の気になるゴツいものなどもご覧に入れたいと思います。きっと伸井さんが、それについての歴史的背景を語ってくださるはず。伸井さんとは以前から交流があるのですが、コラボは初めて。どうなるんでしょうねえ、楽しみです。


IMG_7314.jpg

ドドンとがんばるぞ、っと

 会場は、東京カルチャーカルチャー。チケットは現在イープラスで発売中です。前回イベントではチケットは売り切れで、当日券も出なかったとのことなので、お早めにどうぞ!

日時:2016年3月26日(土)18:00-
会場:お台場 東京カルチャーカルチャー
チケットご購入:イープラスhttp://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002183430P0030001
チケット料金:全席自由2,700円

tage20160107-1.jpg

本場のバウムクーヘンとともに、「かわいいドイツ」に浸ってください!


(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 松の内も明けましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
 ......なんて、ちょっと上品に書き始めてみたのは、3月13日(日)に開くイベントをお知らせしたいからです。

 イベント会場は、日本橋三越本店新館9階にある「三越カルチャーサロン」。ここで写真を上映しながら、「かわいいドイツ」の街と工芸品についてお話しします。ですから、ちょっとお上品な気分になっているんですの。

tage20160107-2.jpg

工房で職人さんが1本1本焼いたバウムクーヘンをお召し上がりください


 会場では、バウムクーヘンの故郷・ザルツヴェーデルのバウムクーヘンもお召し上がりください! これ、日本では入手不可能な品なんです。私がドイツから持参しますよ! 本場の味をお楽しみください。

 受講料(受講といっても1回きりです)がちょっとお高めで、私自身がびびっているんですが(あ、上品じゃなくなった)、日本で買えない本場のバウムクーヘンと紅茶付きということで、どうかぜひいらしてください! べらんめえ調の喋りが出ちゃうかもしれませんが、そこは個性ということで許して!

日時:2016年3月13日(日)10:30-12:00
会場:三越カルチャーサロン(日本橋三越本店新館9階)
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-4-1
受講料:4,860円(本場のバウムクーヘン・紅茶付き。カルチャーサロンの入会金は不要です)
お申し込み:お電話・インターネット・カルチャーサロン店頭のいずれかでどうぞ。

*2016年1月29日追記*
現在インターネットでは「完売」表示がでていますが、まだわずかにお席がございます! お電話でお申し込み・お問い合わせください。お申し込み多数の場合は、定員を増やすこともできるので、まずは三越カルチャーサロンへお電話してみてください!03-3274-8595(受付時間10:00-19:00)

お電話→03-3274-8595(受付時間10:00-19:00)
インターネット→三越カルチャーサロンhttp://mitsukoshi.mistore.jp/bunka/product/7050900000000000000000322293.html?rid=6e482d16ee074e669045b566c2d44305


tage20160107-3.jpg

お申し込み・お問い合わせは三越カルチャーサロンへ

 お問い合わせは、上記のお電話番号へお願いします。

 3月下旬には別のイベントも予定中なので、決まり次第お知らせしますよ〜。3月は日本で会いましょう!

neuesJahr2106.jpg


(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 新年あけましておめでとうございます。
 新しい年の幕開けは、いつもわからないことだらけ。昨年は夢中になって走っているうちに、1年があっという間に過ぎてしまいました。


tage20160101.jpg

プラハに来たのは15年ぶりくらい

 リフレッシュするつもりでプラハに来てみたら、期せずして元旦から仕事はじめになってしまったけど、それはそれで、ま、いっか。

 いつも支えていただいているみなさま、どうもありがとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド