2015年1月アーカイブ

tage20150126.jpg

プライベートの時間は、仕事からも解放されたい

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)

 ちょっと久々に、ハフィントンポストに記事を書かせていただきました。

 タイトルは、「"18時以降、残業禁止"って本当? ドイツ企業がはじめた「休息」のルールとは」。
http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/23/new-work-rule-in-germany_n_6529752.html?1422058071

 この記事を書くきっかけとなったのは、昨年秋に日本で流れた「ドイツでは18時以降の残業を禁止する見通し」というニュースでした。
 それを目にしたときは、「そんなこといったって、就業時間の契約は人それぞれだし、一律で18時とか不可能では」と思いました。
 調べてみたら、ドイツの労働大臣が、就業時間を越えた仕事上のストレスから社員を守りたいという考えを述べたことがわかりました。例えば、退社後や休暇中に、会社が社員にメール連絡するといった行為を、禁止にしたいと。

 今はスマホやタブレットで、どこにいようとも簡単にメールをチェックできます。すると、24時間スタンバイ状態になりかねません。緊急時や、企業のトップならともかく、大して重要でない内容を勤務時間外に連絡されるのは、誰だってうれしくないと思います。

 私は今回の記事にも書いた通り、仕事とプライベートの区別がかなり曖昧です。たとえば、このクボマガブログを書くこと一つとってみても、仕事でもあり(執筆記事のPRなのだから)、プライベート(書くのは義務ではなく、好きでやっているので)でもあると思うんです。

 私はフリーなので、何時間働こうが自分の問題だし、一つの仕事に何時間かけても、自分がそれでよければいいと思っていたんですね。

 今でも仕事とプライベートの区別は意識的に曖昧にしていますが、今回の取材をしてみて、デスクワークに費やす時間は、一定の目安を作るといいかなとは思いました。
 目安がないと、起きてる間中ついダラダラを続けてしまうんですよね。特に私は、作業を切り上げるのがとても苦手で......。
 でも、目標時間を定めることで集中できて、仕事のクオリティも上がるかも? と思いました。

 極端に忙しいときは別として、余裕があるときは、楽しい予定を先に入れてしまえば、そのために仕事を終えられるように集中できるかもしれません。余裕があるときは、ね。

 これまで働きかたをテーマに、ドイツ人にお話を聞いてきましたが、みなさんが共通して言われるのは「集中して、効率的に働く」ということですね。うぅ......耳が痛い......。

 取材を通して、自分の働き方も考えられます。仕事をしながら、教わることがいっぱい。ありがたいわぁ。

tage20150123.jpg

冬もビールがおいしい!

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)

 このたび雑誌『ビール王国』vol.5(株式会社ワイン王国)より、新連載「ビール王国 大使館レポート」が始まり、ドイツビールシーンをお伝えするドイツ大使として任命いただきました! ビール好きとしては、大変光栄でございます!

 そもそもドイツといえば、ビールを思い浮かべる方も多いでしょう。全国に小さなビール醸造所があるのがドイツの特徴ですが、世界的なクラフトビールブームの影響で、近年さらにバリエーションが豊かになっています。

 ベルリンでもマイクロブルワリー(小規模醸造所)が続々オープン。中にはその場で飲める店もあります。
 もちろん冬でも飲みますよ。ドイツではビールはキンキンに冷やしたりせず、ゆっくり味わって飲むものなんです。日本のように湿度が高くないから、そういう飲み方になるのでしょうね。

 大好きなビールで書けることになったし、これからもっともっと、ビールを勉強したいと思います。そのためにも、飲まなきゃね!

 『ビール王国』では、モルトの研究など、ビール好きなら知りたいちょっと専門的な知識や、ビールと料理の相性など、ビールがもっとおいしくなる情報がぎっしり。お近くの書店でご覧ください。

tage20150118.jpg

お近くの方なら、手渡しかスマデリで

(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)

 こんにちは。
 ドイツ国内にお住まいの方から、新刊『歩いてまわる小さなベルリン』のご購入についてお問い合わせをいただきました。

 ありがたいことに、3日に行ったイベントで本書がほぼ売れてしまったのですが、再び日本からまた少し届くことになりました。

 ドイツにお住まいの方には、私にメールでご連絡いただければ1冊15ユーロ+送料実費でお送りします。お近くの方は、直接どこかで手渡すこともできます。
連絡先:info@kubomaga.com

 メールの件名に「歩いてまわる小さなベルリン購入」とお書きくださいませ。詳細をお知らせします。発送は1月26日以降になります。
 本のお値段ですが、入荷時期の為替によって、入荷のたびに若干変わってしまうと思います。すみませんが、どうかご了承ください。なるべく日本と同程度でお求めいただけるようにしたいと思っています。

 また、1月26日以降には、先日イベントを行ったベルリンの和食カフェ・レストランsmartdeli(スマデリ)でもお買い求めいただけます! お値段は同じく1冊15ユーロです。スマデリには見本が1冊ありますので、中身を見てから決めていただけますよ。

smartdeli
Chausseestr.5, 10115 Berlin
月-土 10:00-22:00
http://www.smartdeli.org/jp

 ドイツにお住まいの方、どうかお気軽にお問い合わせください。

*2015年3月3日追記
お陰さまで、ドイツ国内向けに販売していました『歩いてまわる小さなベルリン』は、スマデリ・私からの直販分ともに完売いたしました。お買い上げいただいたみなさま、どうもありがとうございます。
4月中旬に再度日本から持参しますので、恐れ入りますが今しばらくお待ちくださいませ。入荷しましたら、このクボタマガジンにて改めてお知らせいたします。


*2015年4月21日追記
『歩いてまわる小さなベルリン』のドイツ国内での販売を再開しました。前回に引き続き、スマデリで販売するほか、私からもお求めいただけます。詳しくはクボマガ『歩いてまわる小さなベルリン』、ドイツ国内での販売再開です!をご覧ください。よろしくお願いします。


 

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド