将来について悩んだら

| コメント(0) | トラックバック(0)

tage20130805.jpg

家でぼーっとしてるときにふと「ここの生活が好きだな」と思ったりします

 以前私がこのクボマガで「しあわせ人生」シリーズを書いたせいなのかわかりませんが、将来の進路について悩んでいる人から相談メールをいただくことがあります。
 最近はベルリンのカフェガイドを始めたことで、よりその機会が増えました。

 みんな、将来について悩み、迷っているんだと感じます。
 私自身は、毎日をただ必死に生きているだけで、誰かのお手本になるような存在ではないです。でも、しあわせだなと思っています。

 私がベルリンに住んでいるのは、日本にいたらダメになるという危機感があったからです。出版社で編集の仕事をしていた当時は、毎日ストレスを感じていて、「私の人生って何なんだろう」と思っていました。
 それからベルリンに飛ぶまでの経緯は「しあわせ人生」シリーズ第1回に当たる「私がベルリンに来た理由」をご覧ください。

 ベルリンに来た当初は、とても心細かったです。知り合いもいなく、頼れる人がいない。ドイツ語も、思っていたほどわからない。もちろん、仕事もありませんでした。

 先のことがまったくわからないのに、しかももうとっくに30代に突入していたというのに、仕事を辞めてベルリンに何のあてもなく来るなんて、他の人から見たら何てバカなんだと思われたでしょうね。

 でも、ベルリンに来てから私は「自分の人生を生きている」と思っています。それまで知らなかった世界を見て、多くの人と知り合えました。もしそのまま日本にいたら、こうした経験は得られませんでした。
 だから、ベルリンに来て本当によかったと思っています。余裕はないですが、しあわせだと思って生きています。後悔はありません。

 お勤めを辞めろと、勧めているのではありませんよ。
 毎月お給料をもらえる会社というシステムは、素晴らしいと思います。お金は生活する上での基本です。必要以上の大金はいりませんが、一定額がないと生きていけません。

 でももし、毎日がとてもつらくて、その原因が働くことにあるのなら、逃げてもいいと思います。海外に行くのも、その一つだと思います。それをきっかけに、新たな道が拓けるかもしれません。
 一つの道を止めることは、新たな可能性の始まりでもあります。

 30歳前後なら、まだまだ先は長いです。いろいろな場所で得た多様な経験が自然と結びついて、いつか大きな力になります。本当に、無駄な経験などないと思います。

 みなさんからご相談のメールをいただいて、いつも書けるお返事はこんなことぐらいです。それでももし助けになるのでしたら、うれしいです。

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubomaga.com/mt5/mt-tb.cgi/782

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド