だから開く! トークライブ

| コメント(0) | トラックバック(0)


tage20170313.jpg

写真は一部加工しています


(*ベルリンのお店やライフスタイルに関しては、在ベルリンガイドの松永さんとの共同ベルリン情報ブログ「おさんぽベルリン」をぜひご覧ください。バリバリ書いてます)


 昨日のトークライブ「かわいいドイツ! カッコいいベルリン!」にご来場いただいたみなさま、どうもありがとうございました!
 私は話していて自分自身が楽しいので、みなさんにも楽しんでいただけたなら、そりゃもう最高に嬉しいです! いいひとときだったと思ってもらえてたらいいな!


 ここ数年、一時帰国するたびに開いているトークライブイベント。写真をご覧に入れながらベルリンやドイツのあれこれをお話しするという内容で、今回も昨日(2017年3月12日)東京で開催したところです。

01cover.jpg

01usedomcover.jpg

今回はドイツの小さな街2つとベルリンについてお話ししました


 なんでこんなにトークライブを開いているのか、ちゃんと書き留めておきたいとずーーーっと思っていました。なので今回は、それについてです。

 最初に開いたのは、確か2013年の秋。そこから毎年開いていますが、回を重ねるごとに私自身が「話すのって楽しいな〜」と思えてきたんですよ。

 私の仕事は、何かを書いて公表されたら、一応それでひと区切り。書いたものに対して、読者の方から反応が来ることは少ないです(でも最近はSNSのお陰で、ずいぶん変わりましたね)。

 なのにトークライブだと、喋っている最中にお客さんから直接リアクションが来るんですよ。で、その場で返したりとか、そういう経験を重ねるうちに「あ、これライブだな」と思ったんですね。

 私はかな〜り以前にバンドを組んでいて、当時はライブをやっていました。ボーカルだったので、その場の空気を決める役割が大きかったんですが、そのときの感覚と非常に共通するものを感じたんです。

 だから私は、自分のトークイベントに「トークライブ」と名付けたんです。「講演会」ではなくて、私にとっては「ライブ」なんです。
 私もお客さんも楽しく、なおかつそこに発見、ヒントなどのプラスアルファがあるのが理想かな。お客さんと一つの空間で、同じ時間を共有するのが好き。ほら、まさに「ライブ」でしょ?

 今回の一時帰国では、昨日のトークライブ1回限りで終了ですが、今年秋にはまた日本で開きたいと思っています。そのときは、関西方面も行きたいです。昨年秋は東京以外に高松も行ったので「日本ツアー」と仰々しく名付けましたが、今年はもっとたくさんの地方に行って真の「日本ツアー」ができるといいな。
 それまでにもっと工夫したい点もたくさんあるし、ネタも充実させたい。考えてるだけでも楽しいけど、実現できたらもっと楽しいだろうな〜。

 こうしたことができるのも、支えてくださるみなさんのおかげ。
 ありがとうございます。
 これからもよろしくお願いします!


Twitter:https://twitter.com/kubomaga
Facebook:https://www.facebook.com/yuki.kubota.900
Instagram:https://www.instagram.com/kubomaga/
 

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubomaga.com/mt5/mt-tb.cgi/879

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド