ウーゼドム島へ

| コメント(2) | トラックバック(0)

tage20121228-1.jpg

この桟橋に来たかった

 北ドイツが好きで、海辺、古い建物、ハンザ都市が好き。私の好きな要素がぎっしり詰まった旅行をしているところ。

 バルト海に面したウーゼドム島 Usedomには、前から一度訪れてみたいと思っていた。写真で見た風景がきれいで、自分の目で見てみたいと思ったから。
 念願叶って実際にその風景を見られるのって、すごくうれしい。「あぁ、ここ、ここ!」って、早く自分もその風景を撮りたくてたまらなくなる。

tage20121228-2.jpg

まるで海の上を歩いているかのように

tage20121228-3.jpg

西側にドイツでいちばん長い桟橋が見える

tage20121228-4.jpg

ドイツでいちばん長い桟橋に光が

tage20121228-5.jpg

クリスマスの名残がまだ

 私にしては珍しく早起きして、日の出の海辺を撮りにカメラを抱えていたら、おじさんが「バルト海は一瞬にして光が変わる。それに魅せられて、昔から画家たちがここの作品を描いているんだよ」と教えてくれた。

tage20121228-6.jpg

そして夜明け

 わかる、わかる。だって本当にきれいだもん。夜明けも、夕暮れも、刻々と色が変わっていく。気分だけ、私も画家の仲間入り。

コメント(2)

私の友達がUsedom出身で、結婚式をこの橋(多分)の終わりのレストランであげました。それはそれは素敵でしたよ。

ねむこさん、コメントありがとうございます。
結婚式をこの桟橋で挙げるなんて、なんてすてき!!
みんなの心にずーっと残る結婚式でしょうね。素晴らしい!

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kubomaga.com/mt5/mt-tb.cgi/735

2016年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ

メールください
info@kubomaga.com
妹と私が開いている
レトロ雑貨ネットショップ
Amsel アムゼル
ベルリンのカフェ・蚤の市などをお散歩するように旅する人の、ベルリン情報サイト
おさんぽベルリン
ベルリンのカフェを案内します
ベルリンのカフェガイド